2009年6月アーカイブ

最近の話題

最近は、政治的には解散総選挙や献金問題などがよく報道されています。宮崎県知事まで登場し、何だかよくわかりませんが、選挙近くなると献金問題やいろいろなスキャンダルもでてきます。足の引っ張り合いみたいなことはせずに正々堂々と選挙をしていただきたいなと思います。政治家の方々には特定の企業に配慮するようなことはせずに、国民、各業界全体の利益を考え公平に行動していただきたいと思います。
また、昨日の新聞でも公用車業務を巡り国交省に公正取引委員会から改善措置要求、業者側へ26億円の課徴金命令との記事がありました。天下りにからんで官製談合の認定をされたようですが、公用車業務で一年間に約170億円もの業務が発注されているのにも驚きましたが、他の業務でも同様のことがないのかなと思います・・・。
この課徴金(発注者でいうと違約金)はかなり企業にはこたえます、過去に税金を払った分も関係なしにとられますし、また、課税もされます。企業にとってはダブルパンチとなります。こういうことを考えると談合をすることによるリスクは社会的な信用失墜や行政処分もあり、一日にして企業倒産の危機ということになります。
昨年には当社ともう一社がこの地域でもそういうことになりましたが、当社も含めて近隣の方々もそういう事態にもなり得ると考えリスク管理をしていただきたいと思います。
最近でも某市長が制限価格を業者に漏らした、某市で建設協会や業者数十社に公正取引委員会の立入調査が入った等が報道されていますが、そういう報道を見るたびに当たり前のことですが法令遵守の重要性を再認識します。
話は変わりますが、本日、ある民間の会社に営業に行かせていただきました、その中で全く別の場所での当社の公共(土木)工事について別の会社と比較してのことですが、きっちりしていただいたと聞いている、とのことでした。いつどこでつながりがあるのかわからないな、とあらためて思いました。人から人へ良いこと、悪いこと、もすぐに伝わります。顧客の満足や近隣の方々に迷惑をかけることなく、きっちりと仕事をしなければいけないと思ったところです。
昼間は、夏のような暑さとなってきましたが、みなさんもお体にはご注意ください。

一日の行動

今日は、私の一日の行動を少し書こうかと思います。建設業の社長(あくまで私の場合)は一日何をしているのだろうと思っておられる方もあると思います。
朝起きて、仏壇と神棚のお茶や水を替えます。その後、我が家の番犬(レオくん)の散歩(この散歩の時間にいろいろと仕事のことを考えることもあります)に行くか、犬小屋(というかレオのスペース)とウサギ(ポロンくん)のゲージの掃除をします。(私が掃除をするときや留守の時は嫁が散歩に行きます、とはいうものの嫁の方が丁寧で回数も明らかに多いです)その後、子供や両親と一緒に朝食をとり、8時までには会社に出社します。社内では、決裁や来客、打ち合わせ、たまに自分が営業担当分の見積や顧客への資料等を作ることもあります。基本的には仕事も職員に任せていますが、一応、支払い関係や給与、試算表、原価管理の総括は毎月、確認します。なお、資金繰りは経理と会長にお任せというか、報告だけ受けています。
来客も多いですが、市内だけでなく遠方から竹野まで来ていただいて申し訳なく思っています。時間的には半分くらい会社にいますが、半分は営業等に出掛け、顧客のところやその他、情報収集したりします。今は役所には用があるときしか行っていません、本社や現場にもあまり行けてないので、もっと行かないといけないと少し反省しています。また、最近は、神戸や大阪にも平均して月に数回は行っています。
夜に会合等がなければ18時までには家に帰り、犬の散歩をしたり、あとはゆっくりしています。お酒は嫌いではないですが、家ではほとんど晩酌もしません。パチンコや競馬等も一切しませんが、ごくたまにゴルフには行きます、休みは子供と遊んだり、買い物に行ったり、ゴロゴロしています。そういう平凡な毎日の繰り返しです。
行動パターンからすれば社長というより会社の事務職と営業職を足したような感じだと自分でも思います。当社では最近、会議は全くしていません(何かあるときにはすることもありますが)、毎月1日の全員朝礼と毎週月曜日朝の営業打合せ以外は、メール等で全体への指示や伝えたいことを発信しています。小さな会社ですので何か伝えたいときは直接、話をしています。その方が社員ともコミュニケーションもとれますので。
私もあまり気を使うような人間でもありませんので、何かありましたら、というか私がいるときはいつでも来てください。あまり役には立たないかもわかりませんが、できることは精一杯させていただきます。
今日はこれから来客の後、建設業協会青年部の総会に出掛けます。明日は、別の総会で神戸に出掛けます。今日、明日とあまり飲み過ぎないように注意します。
かなり暑くなりましたが、みなさんも体には十分注意してください。
ではまた、来週・・・

久しぶりの方からの電話

昨日、数年振りにあるメーカーの方から電話をいただきました。私のことを忘れずにいていただきありがたいことだと思っています。かなり昔にお世話になった方ですが、会社はかなりの大手さんです。多少は当社との関連もありますので、またこちらにも寄ってくださるとのことでした。また、一緒に仕事をしたいと思います。
以前の職場から今までの間にいろいろな方にお世話になり、いろいろな分野の相談にものっていただける、仕事上も協力いただけるようになりました。自分の能力にも限りがありますし、分野が違うことも多々あります。社員にも常に言っていますが、自分に何人の協力してくれる方がいるか、それによって仕事の幅が大きく変わります。何もかも無理、できない、ではなく無理やできないこともやらなければ前に進みません。そういうときに仲間が必要になります。私はそう思って常に人の輪を大事にしているつもりです。
自社のビジネスばかり考えていても長続きはしないと思います。時にはゴルフをしたり、旅行に行ったり、お酒を飲んだりすることで信頼できる関係になるのかな、と思います。
また、本日、今年度の中川工務店安全大会を休暇村竹野海岸で開催しました。“安全は全てに優先する”ということで今後とも社員、協力業者に周知徹底を図りたいと思います。

経営事項審査について

経営事項審査という言葉は、一般の方にはなじみがないかもわかりませんが、建設業を営むもので発注者から直接工事を請けるものは、毎年決算後に、経営事項審査を受けることが義務付けられています。売上げや利益、財務状況、有利子負債などの決算数字とランク付けの根拠となる各工種の数値が算出されています。各社の数字は(財)建設業情報管理センターからネットでも公開されています。

何かといえば、先日、ある一般の方から市内のある建設業者の状況を教えてほしいと言われました。調査会社を使うとお金もかかるので、ということでしたが、私も他社のことはわかりませんし、無責任なことも言えないので、直近の状況ならと管理センターのことを話しました。それを利用されたようです。後日、御礼の電話がありました。

最近では、一般の方で見ておられる方もいて、私に“Y点はどう見たらいい”とか、“数字がいくらならいい”とか、聞かれる方もいます。
そういうこともあって何とか毎年、誰に見られてもはずかしくない数字で決算しないといけないと思っています。(思っていても、実際はどうにもなりませんが・・)
前にもブログで書きましたが、財務内容の悪い会社には顧客も仕事を頼みづらいと私でも考えますし、取引業者も同じだと思います。以前には、売上げを目標にしていましたが、仕事が少ない中で最近では売上げより収支、利益、自己資本だと思っています。(厳しい中でなかなか目標どおりとはいきませんが)
それと、大事なのは、実際に仕事をする社員(+協力業者)の質を向上させることが、一番だと思います。(偉そうに言いますが、当然、私も含めてです)
新聞等では株価も上がり、景気が回復との期待感があるようですが、まだまだ地方部はどの業種も厳しいです、なんとか頑張っていきたいと思います。
今日はこれから神戸等へ営業と打合せに出掛けます、とりあえず、動かないと何も結果はでませんので・・・何かありましたら何なりとお声をかけてください。

“海山物市場”がオープン

本日、当社で施工させていただいたヤマニ水産様の“海山物市場”がオープンされ、午前中にお礼とお祝い、ご挨拶を兼ねて新しい店舗に伺いました。会長様や社長様とは地鎮祭の時にお会いしてからお会いしておらず、大変に失礼をしたと思っていますが、言い訳みたいになりますが、工事中はたびたび現場には行かせていただいていました。今回の店舗は、普通の海産物の土産物屋さんかなと思っていましたが、水槽の中で魚が泳ぎ、鮮魚を扱っておられる魚屋さんのようなイメージで見させていただきました。(ちゃんと普通の土産物もあります)わざわざ“海山物市場”とされた意味がわかったような気がします。
近隣には同様の店舗が先行されていますが、内容も全く違い、差別化されていることがよくわかりました。
大型のスーパーが多くなり、街の魚屋さんを見かけない中で、観光客だけでなく、近くの方々も寄っていただけたらと思います。お店が繁盛するように祈っております。
news_yamani1.jpg news_yamani2.jpg

ひとりごと

昨日からまた、新しい週がはじまりました。

週末は、地区のクリーン作戦(溝掃除)に参加しました、短い時間でしたが、少しは役に立ったのかなと思います。家の周りを先行して嫁が掃除してくれていたので、助かりました。同日に中学校の廃品回収が行われていました、生徒、父兄のみなさん、小雨の降る中、ごくろうさまでした。

昨日のニュースで豊岡市とは隣の京丹後市の工事にからみ、市の職員と業者が競売入札妨害で逮捕されたようですが、昨年の当社のことを思い出し、法令遵守の大切さを改めて痛感しました・・・話は変わりますが、公務員というのは不景気になれば民間企業とよく比較され、給料、ボーナスがいい、仕事が楽、リストラがない等、よく言われます。私の周りにもそういうことを言う方が多いです。私は、今の会社に入る前、某県職員として9年間、勤めていました。私自身の経験からすれば民間企業に比べて楽だとは思いません、職種によって違うと思いますが、公務員もなかなかというか、非常に忙しいです、そして一部の方を除きほとんどの方が、住民のことを真剣に考え仕事をされています。国のキャリア官僚も最近よくマスコミ等にたたかれますが、国会対応や全国の自治体を相手に夜も昼も関係なく、仕事をされています。確かに福利厚生等は、中小企業に比べ充実していると思いますが、一般の方が思うほど楽な職場ではないということです。
行政にいた関係でさきのニュースのようなことも疑われやすいのですが、私も日々の付き合いの中でも同業者以上に注意するようにしています。
この町内も建設業だけでなく、観光産業等も含めてもっと町が活性化し、元気になる施策を行政側にも考えていただきたいと思います。民間レベルではいろいろとされておられますし、行政もジオパーク関連や様々な施策も考えておられます、それもいいことであると思いますが、現状が続けば建設業も市内で約半分はなくなるだろうと思います。企業努力ではどうしようもないところまできている気がします。
景気対策の効果で倒産件数が減った、とニュースで報道されていますが、セフティーネットなどの保証制度や金融支援も先に仕事がなければ一時しのぎです、特に今年度は、市内も仕事が少ないようですのでより厳しい感じがします。(当社も人の心配をできる立場ではありませんが・・)

また、ニュースによると前年度のうつ病等による心の病での労災認定が過去最高ということで、自殺者も増えているようです。そうなることも少しはわかりますが、あまり思いつめず、誰かに相談し、適当に息抜きをして、しんどいときほど子供と遊びリラックスするなど、そういうことにならないようにしたいものです。みなさんも気をつけてください。

今期のスタート

 今週月曜日の6月1日、当社にとって新しい期、第45期がスタートしました。毎月1日には全社員を前に朝礼をしていますが、経営方針等、いつもより少し長く話をしました。

 1日は、朝礼、社内での打ち合わせの後、神戸のオフテクス様への工事の中間報告と大阪での大手ゼネコンさんとの打ち合わせをして、その日は大阪に泊まり、少しゆっくりさせていただきました。翌2日は京都に行き、当社で施工させていただいた京都ロンド様へ竣工のお祝いと御礼に伺いました。地元に仕事が少ない中で、先日の神戸のカランダッシュ様や京都ロンド様には、当社にとってはいい経験をさせていただきました。会社としての仕事のエリアも広がり、大変に有り難く思っています。また、慣れない地での工事でしたので、協力して施工していただいた数多くの協力業者様にも大変に感謝しています。

 3日は、ほぼ会社というか豊岡市内にいましたが、4日は、当社がお世話になっている生駒事務所(生駒税理士・法律事務所・アプト総研)の親睦ゴルフコンペに参加させていただきました。2次会にも誘っていただき楽しく過ごさせていただきました。5日は、豊岡北警察署管内の警察友の会の総会に出席しました。何かと行事の多い一週間でした。

 今週もいろいろな方とお会いしましたが、景気の動向等の話題が多かったように思います。厳しい中でも真面目に取り組み、いろいろなことに知恵をしぼって会社=雇用を継続する、という前向きに考えておられる経営者がほとんどでしたが、どの業界も大変競争が激しくなってきています。特に但馬地方は、建設業が地場産業のような地域ですので、国の補正予算での景気対策を期待する声も多く聞かれました。確かに都市部に比べ極端に民需が少ない地域ですので公共工事に期待することは仕方ありませんが(当社も同じです)、国、県、市等の財政状況が厳しい中でいくら工事があっても全業者に仕事がある、というわけにはいきません。当社も昨年は不祥事があり、最長で1年間の指名停止等を受けていましたが、公共工事は元請けだけでなく下請もできませんでした。中小の建設業者には致命的な行政処分を受け、但馬ではこれまでで私が知っている限り最も厳しい行政処分だったと思いますが、この間、数少ない民間工事や地区外の仕事にも取り組みながら、会社を継続すること、社員の雇用を守ることを目標に取り組んできました。多くの顧客や協力業者に協力していただきましたが、会社を継続することでお客様の建物のメンテナンス等もでき、長いお付き合いをさせていただくことができます。そのためには会社の財務状況を常に良好に保つことが重要です。そうでないと結果、銀行も業者も誰も協力してくれません。慈善事業でなくビジネスですから仕方ないことだと思います。

 そういう中で、会社に座っていても1円も売り上げをあげることはできない。また、暇な会社にはお客様も仕事は頼まない。ということをよく社員にも言いますが、少しでも安く、いい仕事をするにはどうすればいいか、どの業者でもほとんど同じように工事はできますが、その中で他社と差別化を図り、仕事を確保するにはどうすればいいか、などを全社的に考えなければいけません。なかなか難しく、うまくはいきませんが、とりあえず、考え、行動し、真面目に本業に取り組むことが最も大事だと今になって思います。そういう中で現状でもいろいろな方から情報をいただき、また、声をかけていただき仕事をさせていただいています。こういう状況の中で大変に有り難く思っています。
 長くなりましたが、今回はここまでで・・・