2010年4月アーカイブ

春休みから・・

4月に入り今週には桜が散り始めました。先週が一番見頃だったような気がします。
春休みに家族で和歌山に行きました。那智と白浜に車中1泊、ホテル1泊の旅でした。和歌山県とはいえ那智は遠かったです。竹野からでは距離は350kmぐらいでした。
白浜からの帰りも渋滞がひどく和歌山まで出るのに事故等でかなりの時間がかかり家に着いたのは真夜中でした。行き帰りは別にして那智の滝や那智大社、アドベンチャーワールドと少し疲れましたが、親も子も楽しんだような気がします。

今週は冬に戻ったような寒さで雨も多く変な天候ですが、にもかかわらず昨日は市内の現場で上棟がありました。大工さんには雨の中で大変にごくろうさまだったと思います。
また、3日前は京都の現場も上棟しました。ISOのサーベランスがあり、一日遅れで現場に行きましたが、それにあわせて黄桜さんの工場の横の黄桜を拝見させていただきました。ちょうど満開でした。工程も順調そうで安心して帰ってきました。

ISOのサーベランスでも建設業という職業から顧客満足を得るためには機能と性能をより重視した考え方、というかそこが規格の求めるものだとの話を伺いました。頭の中では理解していても顧客への提案、設計照査、確認などのプロセスがなかなか確実にできていないのが現状です。工期内に現場をこなすことが最優先され機能、性能や原価管理ができていないことも多々あります。そういう意味では審査を通じて原点に返る思いを持ちました。話は変わりますが、ipodで稲森和夫さんの話を聞いていると、現状の各企業の厳しい状況、就職難や働くことに対する考え方、取り組み方を自分の生い立ちや京セラ等を立ち上げ、現状になるまでの経験を交えて話をされていました。結論は不平不満を言わず、自分に与えられた仕事を大小問わず同じ考え方で一生懸命取り組む。人生は順風満帆ではなく、苦しい時ほど逆にチャンス、前向きに、というようなことでした。1時間程度の話ですが、何度か繰り返し聞いています。
年度がかわり官庁工事もこれから少しずつでてくるとは思いますが、業界にとって厳しい状況に変わりはありません。官民問わず、大小問わず、同じ対応でしっかりと取り組み、クレームのでるような工事をしない、ことが大事です。ある企業が言っておられたように風評被害もダメ、というような考え方で仕事を進める必要があるような気がします。
ということで・・

20100417-1.jpg 20100417-2.jpg 20100417-3.jpg 20100417-4.jpg 20100417-5.jpg 20100417-6.jpg 20100417-7.jpg 20100417-8.jpg

新年度

昨日、平成22年度が始まりました。当社の決算期は5月末ですので会社としては期中ですが、官公庁や多くの会社は新たな始まりとなります。当社も技術系の新入社員が1名仲間入りしました。新規採用は2年振りですが、厳しい受注環境にあっても会社を継続する以上は若い方も必要ですので、これからしっかりと育ってくれればと思います。
前回の更新から20日経過しました。この間に建築では本戸牧区コミュニティ会館の地鎮祭、佐野浄水場の竣工式、民間住宅の完了検査等があり、京都の渡辺商事さんやストックの改修工事に着手しました。土木では養父土木の石風呂の急傾斜工事が完了し、その他、年度末で下請をさせていただいた工事が多く完了しました。また、豊岡市の霊園整備工事が豊岡市議会の議決が終わり正式契約となりました。こちらは山口工務店さんとのJV施工で、長い期間の工事ですが、地元に迷惑をかけることなく取り組みたいと思います。
会館は地元の方々の思いをお聞きしましたので、しっかりとした施工をしたいと思います。佐野浄水場は川嶋さんとのJVで土木・建築をさせていただきましたが、長い期間の工事でしたが、水道水ができるまでの説明をお聞きし、勉強になりました。
前年度の1年間、指名停止により公共工事の入札参加ができませんでしたが、結果として21年度内に公共工事で134件の工事に入札参加しました。落札した業者の総額が約83億円と数字だけ見ればたくさんの工事に参加していました。当社で落札した工事は7%程度でしたが、最低制限価格以下の失格が24件もありました。特に地元町内の失格が多かったです、前年度が公共工事ゼロでしたので、どうあろうが前年よりはプラスです。
22年度は参加工事の1割を公共工事の受注目標にしたいと思いますが、そのためには積算の精度を上げ、総合評価における工事成績、施工計画と全体の能力を高める必要があります。全国的にどの業界も厳しい時です、赤字企業が全体の大部分を占めるような状況の中で建設業も売上げが下がるのは当たり前です。その中でどう受注を確保して社員の雇用を継続していくか、当たり前のことを当たり前に真面目に取り組み、官民問わず信用第一、顧客満足第一に仕事をするしかないというように思いますが、おかげさまで従来の官民の受注比率が民間の方が高くなっています。こういう時期に非常に有り難いことだと思いますが、期待にそえるような施工でみなさんに恩返しをするしかないと思っています。
話は変わりますが、先週末に子どもと竹野ふるさと創生協会が主催された竹野川上流でのアマゴ釣り大会に参加さえていただきました。渓流釣りはしたことはなかったですが、半日、楽しく過ごさせていただきました。釣った魚は塩焼きでいただきました。竹野川とその近郊の山々を眺めながらいい環境のところで生まれ育ったとあらためて思った次第です。
大会前には竹野川漁協の組合長さんや事務局の方が会社にも来られ、業界との意見交換や要望事項もお聞きしましたが、海の漁協さんを含めてこれまで同様、良好な関係で仕事ができるよう個人的にも会社としても今後もできる協力はさせていただこうかと思います。
桜も咲き、今日は暖かい日ですが、最近雨が多くて少し困ります・・・・ではまた