2010年11月アーカイブ

その後・・・

 11月も後半に入ってきました。朝晩がだいぶ冷え込みますが、今日は会社のインフルエンザの予防接種です。数年前からインフルエンザによる業務の停滞がないように、この時期に全体での予防接種を行っています。
 さて、前回のブログの更新日には岐阜県にコンペに行きましたが、すばらしいゴルフ場でしたがスコアは相変わらずの100と少しでした。片道約5時間をかけて行きましたが、岐阜城を間近に見させていただき、織田信長を想像しながらいろいろな業界の方とも話ができいい経験をさせていただきました。11月13日、14日と但馬ドーム(日高町)で開催された“但馬まるごと感動市”では13日の土曜日に建設業協会青年部のボランティアで会場清掃班(ゴミの分別監視等)として参加していました。中だと思いきや外での作業でしたが、寒くもなく良かったです。但馬牛の丸焼きの前で最後には骨だけになる牛を見ながらでした。交替で会場をうろうろしながら、途中に献血もさせていただき有意義な一日だったと思います。いろいろなことを感じるのにボランティア活動も意味のあるものに思います。私の目の前では同じ業界の方がピザを神鍋の溶岩窯で焼いていましたが、最後に売り切れの中で無理矢理一枚購入させていただきおみやげに持って帰りました。おいしくいただきましたが、建設業でもいろいろな副業をされている方がいると感心していました。
 14日の日曜は、日頃、同じ但馬でもなかなか行けないので、JA温泉支店の現場に行きました。日曜日でしたが当社の監督と協力業者(型枠屋さん等)も作業をされていました。工期が厳しくヤードも極端に狭い中できっちりやっていただき大変に有り難く思っています。 
 今日は、豊岡病院のドクターヘリの燃料庫の現場を少し見てきました。ヘリコプターの待機場所の横で、ヘリを見ながら協力業者が作業をされていましたが、既存の駐車場や病院、ヘリのヤードの中で気を使っての作業となりますが、厳しい工期と条件の中、安全にと願っています。
今月は、神戸や丹波、福知山などいろいろと仕事の関係で行かせていただきましたが、様々な業種の方々に声をかけていただき、全体が厳しい中でも大変に有り難く思います。

11月

今週から11月に入りました。10月はいろいろと行事がありました。小学校のPTAのリサイクルやら球技大会、原子力発電所の視察研修などもありました。その他もいろいろありましたが、30日はコウノトリ国際かいぎが豊岡市民会館であり参加させていただきました。秋篠宮殿下、妃殿下もご出席され、おことばを述べられました。地域あげてのコウノトリの取り組み、自然放鳥や環境経済について話を聞くことができました。建設業は環境とは正反対の業種と思われがちですが、少しでもお役に立てることがあればと思います。
 3日の祝日は地域のお祭り、子供神輿で町内を歩きました。多くの方に参加していただき盛大に終わることができました。町内の方にはありがとうございました。
 もうすぐ年末ですが、景気もあいかわらず厳しいようです。特に建設業は廃業される方もあり、ますます厳しいような年末年始になりそうな感じですが、少しでも受注して、協力業者を含めてみんなに仕事があればと思います。
 今日はこれから取引先のコンペで岐阜まで行きます。少し遠方ですが、がんばって行きたいと思います。