2010年12月アーカイブ

12月・・

 前回から1カ月以上が経過してしましましたが、この間にもいろいろな出来事がありました。11月末には互助会が主催する社員旅行に下関から博多に1泊で出掛けました。仕事の都合で行けない方もいましたが、社員との親睦を図る意味でも良かったと思います。
 業界だけでなく全産業とも厳しい中で当社も含めて中小企業ではなかなか社員旅行に行く余裕はないと思いますが、全社員とゆっくり話をする機会もなかなかないので、毎年のことですが、行って良かったと思います。
 官民とも非常に厳しい競争の中で、なかなか公共工事は落札できませんが、民間工事は厳しい競争でもなんとか仕事をいただいています。12月1日には当社にとっては比較的大型工事の地鎮祭もありました。これから冬にむかい厳しい気象条件となりますが、安全管理に気をつけて施工を進めたいと思います。
 建設業は他社との優劣がつけにくい業種ですが、最近では経営事項審査の公表値を見られるお客様もあります。それぞれの業者が土木とか建築とか、公共、民間等の得意分野があるかと思いますが、品質(施工の良悪)や価格(低価格)面での評価による選定をされています。何か会社や社員の質、評価など他社とは違うところをイメージ先行でも付けていかないと生き残れない状況になると思います。価格競争だけでは各社の体力を消耗していくだけであり、限界がすぐにきます。
 評価していただける何か付加価値を当社も身に付けなければと考えています。とはいえ、公共工事がなかなか厳しい中でも多くの民間工事をさせていただき大変に感謝する年でした。数年前とは官民の比率も逆転しているような状況です、業態が少し変わりましたが、会社を継続する上でもいい勉強をさせていただいています。価格面や会社の状況もありますが、お客様や地域の方々に信頼、信用される会社であることが大前提であると思います。そうでなければ企業としての存在価値、継続もないような気がします・・・
お客様や社員に感謝しながら、今日は家族とクリスマスケーキを食べたいと思います。