2011年7月アーカイブ

夏休み・・・

 先週から子ども達は夏休みになりました。ここ最近は、7/15には舞鶴から福知山、丹波市、篠山市と回らせていただきました。舞鶴では、院外薬局の仕事をさせていただいていますので、現場を見に行きました。あいにく誰もいませんでしたが、基礎の打設が終わったぐらいの状況でした。お世話になっている協力業者に挨拶をして、福知山と丹波市でも営業回りと打合せをして、篠山で当社の監督さんと少し納涼会のようなものをして次の日に帰りました。
 7/22には、当社の第46期株主総会がありました、前期は過去にない厳しい数字でしたが、なんとか赤字にはならずに終えることができました。
 7/23には毎年、県内業界の青年部で行っている「建設ふれあいまつり」に神戸に行き、参加しました。建設業への理解とイメージアップを図ることを目的に、今年も重機の体験試乗や木工工作、丸太切り(参加賞カブトムシ)を行っていました。豊岡支部は丸太切りとカブトムシ配りでしたが、神戸の子ども達に喜んでもらったと思います。
 7/24は、豊岡の金刀比羅神社で住宅の新築工事の地鎮祭でした。宮司様から工事の事故等がなく、施主様が満足するように、近隣等で評判になるくらいいい仕事をしてさらに発展してください、との言葉がありました。全ての仕事をそういう気持ちで取り組んでいるつもりですが、まだまだ未熟な部分も多くあります。日々勉強で頑張りたいと思います。夕方には子どもと少し海に行き、夜は町内の防犯パトロールをしていました。

海開きほか・・・

 7月1日には竹野浜でも海開きがありました。次の日に新聞で見ましたが、嫁と一番下の子どもは毎年のことながら見に行ったみたいです。私の方は毎月1日の全員朝礼をしてから建設業協会豊岡支部の安全祈願で出石神社に行きました。祈願が終わってからおみくじをひくと「中吉」で“しばらくじっとがまんの時”、と書いてありました。じっとしていては仕事になりませんが、慎重に、考えて行動するように、と自分なりに解釈しました。
 暑い日が続きますので竹野浜にもたくさんの方が訪れてほしいですが、仕事的には各作業所とも特に熱中症には気をつけていただきたいと思います。
 今月から夏休みに入り耐震関係の工事が本格化してきます。当社も元請、下請で数カ所の工事を請けていますが、短期間での工事ですので特に安全管理に注意して取り組みたいと思います。また、今月は、会社の株主総会やPTAの地区懇談会、竹野海上花火大会など行事やイベントもたくさんあります。少し公私とも忙しい月になりそうです。
 株主総会に向けて1年間の各作業所の結果や経費など数字を見ていますが、決算書が私の通知表とすれば今年は、自己評価で5段階評価の3かなと思います。売上げが伸びたにも関わらず、収支が大幅に悪化しました。厳しい金額で受注したから減益、赤字は仕方ないではなく会社として継続する以上は利益を出して社員にも還元する、また、税金を払うことも企業としての社会的な責任と貢献だと思います。自己資本の積上げ、いざという時の備え、蓄えも利益を出し、税金を払った残りが原資となります。
 私も父から社長を引き継いでこの7月で早いもので5年になります。また、県庁に9年間お世話になっていましたが、4月で会社に入り8年が終わりました。
 この8年間で景気も大きく変わり、災害発生により工事発注が多い時期もありましたが、今では、公共予算の削減と景気の落ち込みで、毎年、厳しさが増していく状況です。
 国や県等の入札制度も大きく変わり、豊岡市以外は、一般競争が標準となりました。県や市のランクに社会貢献や工事成績による技術評価などが取り入れられるようにもなりました。県では毎年7月1日で更新(ホームページで公開)されますが、これは経営事項審査結果に工事成績と社会貢献分の加算点が加えられた結果です。実際の今の会社規模や発注状況では、土木、建築とも一つ下のランクの方が入札参加へのチャンスも増えますが、ランクを下げるとか下がる方を考えるのも嫌だなと思います。ランクが下がると入札参加も土木は市内に限定されますし、金額の大きなものには入札参加できません。
 今年は、昨年に比べ経審の点数が2年前程度まで戻ったことや社会貢献点数が増えたこともあり総合数値もあがりました。この数字をランクに使用するだけでなく、そういうものを現状以上に大きく反映した入札制度を取り入れていただきたいと思います。将来的には、また、そういう状況にもなるかもしれませんが。ではまた・・・