2012年5月アーカイブ

上辺しか見ない・・・

 私たちの業界では、仕事がたくさんあれば良い会社というようなイメージがあります。
確かに仕事をたくさん持っている会社でないとある意味では良い会社とは言えませんが、
下請という立場で考えるとその会社(元請)の実際の内容がどうなっているか、わからない部分も多い中でも、少しは理解して仕事をしなければいけません。
上辺だけを見ていてはとんでもないことになることもあります。
 元請では、そういうリスクはほとんどないですが、下請になるとかなりのリスクがあります。
 当社も下請工事が増えましたが、ほぼ全てが信頼できる同業者=仲間とこれまでから人や仕事など、何らかのつながりのある大手さんです。私もよく公表されている経営事項審査結果で自社と他社との比較、協力業者がどういう状態か数字で確認します。これで全てがわかることもないですが、競合他社や協力業者の経営状態を知っておくことは重要だと思っています。
 しかし、一般の方や公共工事には入札参加しない業者の方は、こういうことにあまり関心を持たれません。建設業ならだいたいみんな同じというような感覚でおられます。
 例えば、年間売上げが1億、10億、100億、1000億、1兆の会社では全く違いますが、あまり業界に関心のない方は、超大手も地元の会社もやっていることは同じという感覚です。確かにどんな大きな工事でも仕事自体は、機械や職人がするので、同じですが、施工能力、協力業者を集める力、価格への適応力は、特に大手はすごいと感心します。
 これは中小企業でも企業規模というか売上げにほぼ比例し、力が大きく違います。
 当社も地元では、困りませんが、県外や遠方で仕事をする際には、大手さんに少し協力会社をご紹介いただいたりしながら仕事をしています。
 こういう場合、知らない土地なので、すごく助かっているのと同時に、リスクや心配事が大幅に軽減されます。
 また、上辺しか見ない付き合いでは、なかなか信頼関係もできません。一時の欲だけで動くと必ず大きな歪みが生じて、うまい具合に物事が進みません。
 大手さんや協力会社とも同じように接することを基本に、元請も下請も全てが顧客に満足いただくための手段ですので、そういう意識でいることが最も大事だと思います。
 日本全体でも企業の所得が減り、人が減り、正規雇用が減り、短期契約や派遣が増えるなど、今の日本の普通の職場の姿です。
 過去の日本企業の強みは、技術とそれによる高品質でしたが、今や価格でもアジアに遅れ、品質でも各国がすぐ後ろに迫っています。こういう状況の中で「つながり」を力に換えて、高品質と競争力を回復させようとがんばっておられる会社もあります。見習うべき姿です。確かに売上げや収益も大切ですが、そのためには「つながり」も含めて社員や協力業者への動機付けが企業活動のためには最も重要です。難しいことは承知ですが・・

その後・・・

前回の更新から少し経ちましたが、18日は加古川で兵庫県建設業協会青年部のゴルフコンペがありました。豊岡からは2名の参加でしたが、同業の方々と楽しく回らせていただきました。K工務店の副社長に往復乗せていただき、私だけアルコールもいただきました。ありがとうございます。
 ゴルフをしながら、終了後の懇親会と同組みの方と少し話もしましたが、どことも厳しい中で頑張っておられることがよくわかりました。久しぶりに参加しましたが、こういう機会も大事だと思います。
 20日も県会議員さんのゴルフコンペが城崎カントリーでありました。会社等の関係者3組で参加しましたが、こちらも天候も良く、楽しく回らせていただきました。
 21日は、兵庫県建設業暴力団追放協議会の総会が神戸でありました。初めて参加しましたが、建設業でも県の入札参加には年1回以上の講習参加が義務づけられている関係で但馬からの参加者も少しおられました。帰りに日頃お世話になっている方の会社に寄らせていただき、夕方には会社に戻りました。
 22日は、午前中は、県会議員の先生の事務所で町内や市内の業界の現状等の話をさせていただき、設計事務所の先生とお客様と打合せをして、午後から小学校の芝生化のための苗づくりを小学校の児童と先生、保護者で行いました。平日の昼間ということで、男の保護者は私を含めて2名でしたが、お母さんやおばあちゃん方が多く参加してくれました。おかげさまで2時間予定が1時間で終わりました。
 これからしっかりと水やりをして6月30日には芝生の植込みを行う予定です。
 私は、普段から農作業もしませんし、花などの苗を植えることもないので、1時間ですが、いい経験をさせていただいたと思います。

 今晩も町のPTA関係の会合があり、金曜と土曜は、町と市の連合PTAの総会が連続であります。町Pは、今年は順番で会長ですし、市Pは昨年度の会計ですので、どちらも欠席というわけにはいきません。
仕事とPTAのどちらも5月は、総会が多いです。出席するものが10件程度、委任状もかなりありますので、実際の案内はかなり多いと思います。来週も警察官友の会や防犯協会など警察関係の総会に出席する予定です。

おかげさまで公私共々忙しくさせていただいています。
しかし、工事の受注的には、新年度に入り、官公庁がまだ動いていないのと民間も景気の影響で設備投資も少なく、少しクールダウンしているような感じです。
6月以降、公共も民間も本格的に発注になってきますので、少しでも多く受注ができるように、大小、官民、元請、下請を問わず、しっかりと取り組みたいと思います。