2016年11月アーカイブ

惜福・・・

 前回と前々回同様にまた1カ月以上更新できず、申し訳ありませんでした。
 先日、結婚式で挨拶をさせていただく機会があり、その中で私の結婚式の際に当時は兵庫県職員でしたので、その時の貝原知事からいただいた色紙の惜福(せきふく)の話をさせていただきました。明治の文豪幸田露伴の著書の中に「幸福に遇う人を観ると、多くは「惜福」の工夫のある人だ」という一文があるそうです。
惜福とは、福を使い尽くしてしまったり、取り尽くしてしまったりしないということです。幸運に恵まれたとき、それに溺れることなく、そして独り占めすることなく、周囲の人に分け与える気持ちをもち、その幸せを大切にするという意味です。また、訪れた福が以下に小さなものであっても、それに感謝するということでもあります。
そして、このような惜福の工夫をする人が、結局は幸せな一生を送っている例が多いというのです。自分だけ良ければいいということでは福も来ないのかもしれませんし、福にも工夫がいるのです。

 前回の更新以降、主な行事では、支部の暴力追放研修会、県や近畿の青年部会として、兵庫県や近畿地方整備局との意見交換会、建災防兵庫県支部の労働災害防止大会、但馬まるごと感動市、建設労働者緊急育成支援事業の開講式、本部の理事会、オフテクスさんの工場のゴルフコンペ、山陰近畿自動車道整備推進決起大会、神戸新聞但馬懇話会の例会といろいろとありましたが、今週末は東京で全国建設青年会議第21回全国大会があります。昨年はパネルディスカッションのパネラーで緊張しながら参加しましたが、今年は気楽に参加させてもらいます。

 地域の建設業界的には全体の仕事量が発注件数という面では少ないような気がします。
 多くの業者にとって厳しい年末年始になりそうですが、これから冬季の除雪業務なども始まります。厳しい中でもやるべきことはしっかりしていかないといけません。

1480386445200.jpg 1480386446886.jpg

1480386448457.jpg 1480386449889.jpg

1480386451428.jpg 1480386454162.jpg

中川工務店のサイトへ

ウェブページ

  • img