労働災害発生状況・・・

 選挙も終わりましたが、今年は例年に比べ台風も多く当地方には大きな被害はないながらも全国的にはかなり被害も発生し、この地域ももう少し雨量等があれば危険な状況でした。平成29年9月末までの労働災害の発生状況を見ると兵庫県下においては休業4日以上の労働災害は全産業も建設業でも若干減少していますが、建設業における死亡災害が現状で昨年の2倍と高い数字となっています。但馬署管内では全産業での休業4日以上の労働災害は同数ながら建設業では減少していますし、死亡災害は昨年1件ありましたが、今年はゼロです。どの産業でも若年者の確保が難しい中で安全・健康な職場に向けて引き続き私たち経営者自らがリーダーシップを発揮して取り組んでいかなければいけません。
 この半月の間に兵庫県建設業労働災害防止大会も神戸であり私も建災防の豊岡分会長として主催者側で参加させていただきましたが、8日からは全産業を対象にした全国産業安全衛生大会が神戸で開催されています。厳しい受注環境の中で安全や健康が軽視されるようなことのないようにしなければいけませんが、現状では今まで以上に先の見えない経営環境となっているのも確かです。11/1に本部で経営管理講習会があり10年後の建設産業について話を聞いてきましたが、労働者が減少する中で働く方の仕事は10年後もあるが、各企業が存続することは難しいとのことでした。ICTや安全・健康に配慮しない会社は消えていくだろうということだと私は解釈しながら聞いてきました。真面目に地域の防災や除雪の担い手として取り組んでいる会社がかなり苦しんでいる現状の中でなんとかならないかと思いますが、自社や自分のところの受注や経営が優先することが当たり前ながらこの地域ではまだみなさん協力的ながら今年度も下半期に入り補正予算等がなければ発注量も減少しますので、さらに難しくなるように感じます。
秋祭りも終わりこれから冬に向かいますが、、企業人として業界人として引き続き頑張っていきたいと思います。

1510228875469.jpg 1510228882252.jpg

1510228869676.jpg 1510228867720.jpg

1510241834975.jpg

中川工務店のサイトへ

月別 アーカイブ

ウェブページ

  • img