大雪・・・

先週から昨日までにかけても海岸沿いを中心に大雪になりました。
 例年なら12月は浜雪、年を越すと浜雪は少なく南に雪の範囲は変わりますが、今シーズンはずっと海岸沿いが雪の中心となっています。竹野の平地で積雪が130cmになるようなことは私が子どもの頃はあったかもしれませんが、こちらに戻り15年近くになりますが記憶にありません。
 豊岡市の旧竹野町の国道、県道は15年前は5社で担当していましたが、今ではうち1社で除雪をしています。今シーズンのこれまでの稼働時間が県関係が6台と今回からのロータリーで7台、市が三原谷の2台の計9台で850時間、大雪の昨年が650時間で一昨年は少なく230時間でした。今年は昨年の1.3倍、一昨年の3.6倍です。
 海岸線の香美久美浜線だけを見ても今シーズンは125時間、昨年が50時間、一番少なかった平成25年は1回の7時間ですので、これだけ見ても異常気象と言えるぐらいです。
 加えて今シーズンはかなり気温が低い時期が多いので、凍結防止剤散布も近年で一番多かった平成25年と現時点でほぼ同じ時間となっています。こちらも昨年の1.6倍となっています。
 福井でも記録的な豪雪で大きな被害が出ています。雪の降り方もありますが、除雪体制を含めて各業者の機動力が落ちているのも否定はできません。土木の公共工事が減り冬の除雪シーズン以外の通常工事が少なくなると各地域の業者も体制を縮小します。私のいる竹野町も大幅に業者が減りなんとか県はうちでギリギリしていますが、市道は雪の多い三原谷は継続しながらも他の市道はあとの町内2社以外は豊岡の業者が担当してくれています。これも初動の問題やいろいろとありますが、なんとかやりくりしているのが現状です。
 財政状況が厳しいことも理解した上で各地域に必要な防災・減災、社会基盤整備を進めていただきながら各地域に災害や除雪のために必要な業者がいるということにならないといけません。最近では建築のウエイトがかなり大きくなってうちでも除雪体制は運転手だけでなく監督も含めてというのが現状ですのでそういう理解をしていただきたいと思います。除雪が多くていいですね、と言われる方もまだ多くありますが、4時に出動し、日中も連続出動、通常の仕事は止まり現場の方の除雪は大雪でも業者負担、工期もあり雪をあけながらの工事です。オペを仕事がない時期も確保することを考えればいくらいただいてもないよりはいいですが、断れるなら半分を断るなども考えます。ただ、地域にいる業者として各業者もオペのみなさんを含めて地域に貢献する使命感を持って作業してくれていると思います。
 今朝はかなり冷え込みましたが、快晴です。しばらくは雪も大丈夫かと思いますが、まだ雪のシーズンももうしばらくありますので、引き続きしっかり取り組みたいと思います。

1518684646031.jpg 1518684648066.jpg

1518684648995.jpg 1518684650953.jpg
 

中川工務店のサイトへ

月別 アーカイブ

ウェブページ

  • img