中川工務店の最近のブログ記事

会長の逝去・・・

 前回のブログの更新日の9月5日の夜に会長、父が逝去いたしました。2月に脳内出血で救急搬送され手術してからは半身麻痺や失語症などの症状もあり病院に5ヶ月、その後自宅で2ヶ月寝たきりながら安定して元気に過ごしていましたが、呼吸器不全と誤嚥ということで急に逝ってしまいました。
 昭和35年に24歳の若さで祖父に代わり会社の代表になってからは会社を発展させるために会社のみなさんとともに厳しい業界の中で一生懸命に社業に取り組んでくれました。
私が平成18年に引き継ぎましたがそれ以降もいるだけで私も社員も安心できる存在でした。仕事には厳しく、それ以外では優しい人でした。
子供の頃は忙しくしていてほとんど家にはいませんでしたが、大学に入ると大阪に出張に来た際には一緒に食事をしたり、ホテルに一緒に泊まったり、大人になるにつれて逆に恥ずかしさもありましたが、よく話すようになりました。県庁に就職が決まった時には一番喜んでくれ、9年間お世話になり退職させてもらえないと言うと当時の河川整備課長に話をしに神戸まで来てくれました。私もこちらに帰り15年が経ちましたが、最初の数年は会長に喜んでもらう、機嫌が良くなることを考えて仕事をしていたような気がします。ただ、素晴らしい考え方で経営者としても尊敬していても時代の流れで動くべき方向性も変わってきます。そういう面では市外や但馬以外の仕事をすることにはリスクという面で大変に心配してよく二人で議論もしました。ひどく叱られた次の日に私が出社しないようなこともありましたが、それもいい思い出です。会社も大きな波もありましたが、認知症になり、寝たきりになっても様々な場面で常に会長ならどう考えるだろうか、どうするだろうかと考えて決断をしています。
私は父のように商売の才能もみなさんを引きつけるカリスマ性もないことは自分でも理解しています。ただ、常に父が信用を大事に真面目にコツコツしていかないと続かないと言っていたことを頭に置いて与えられた社業と業界での立場でしっかりと行動していきたいと思います。
お通夜、葬儀にはたくさんの方に来ていただき、遠方のみなさんからも弔電や生花などもいただきましたが、ここでも父の大きさを感じながら喪主をつとめさせていただきました。たくさんのみなさんにお世話になりありがとうございました。
父ならお母さんをよろしくと祖父から父、そして私に引き継がれた中川工務店を社員のみなさんや協力業者さんに協力いただきながらしっかり継続し、地域や業界のためにも活動していくように、くよくよせずにやることをやれ、と言うだろうと思いながら新たな気持ちで頑張っていきますので、引き続きよろしくお願いいたします。
今月は出張や研修旅行の予定が多かったですが、ほとんど白紙になりました。葬儀の挨拶回りなどと各支部長さんや青年部の役員さんへのお礼もあり本部の常任理事会と青年部会の役員会には出席してきました。

1537599628071.jpg 1537599629098.jpg

1537599630442.jpg 1537599631701.jpg

高校野球等・・・

 毎日かなり暑い日が続いていますが、高校野球の甲子園をかけた兵庫県東西大会も明日、明後日が決勝です。7/14、17、21と長男達の試合を3試合応援してきましたが、4回戦までよく頑張ってくれました。負けた相手の小野高校は昨日の準決勝で惜しいところで負けてしまいましたが、お疲れ様でした。わが子達も3年生が引退し新チームでスタートしています。秋の大会に向けて頑張って欲しいと思います。

 7/13には神戸経済同友会の講演会がありハゲタカで有名な真山仁氏の話を聞いてきました。7/17には会社の53期の株主総会、7/18にはオーク様の竣工式、7/19が協会本部の常任理事会、7/20には豊岡丸エム様の竣工式、7/21建設ふれあいまつり、7/22にはうちの部長のホールインワンコンペと組合の地元説明会、7/23には建災防豊岡分会の安全パトロール、支部理事会、7/24が一白会の講演会と毎日何かしらの予定があり少しバタバタしていました。前期は、最近にない厳しい決算でしたが、地域の建設業の現状を反映しているような感じです。

 豪雨災害の影響はまだまだ続いていますが、治水・治山をはじめやるべきインフラ整備をしっかりと行っていただき、いざという時のために私たち地域の建設業は力を発揮できるように安定した経営をしていかなければいけません。企業努力は必要ですが、地方は公共工事の依存度が高いので必要な仕事を発注していただかないと継続はできません。受注の偏りも少し気になりますが、引き続き、業界や企業人それぞれの立場でみなさんと協力しながら頑張っていかねばと思っています。

30日には竹野も花火大会がありますが、台風が近づいているようですので、みなさんお気をつけください。

1532567303311.jpg 1532567304941.jpg

1532567307056.jpg 1532567308818.jpg

1532567310433.jpg 1532567312157.jpg

作業所・・・

昨日は久しぶりに丸一日何も予定のない日で午後から赤石の砂防えん堤の作業所に行ってきました。うちも建築の比率が高くなり今季も3 : 7のような感じですが、私も会長もスタートは土木屋です。
ここの作業所は現場までが約300mの急勾配の沢登りかその何倍かの山からのルートで生コンや資材、重機も分解しての索道運搬と最近ではなかなかない条件の厳しい作業所です。
協力業者さんにお願いする現場も最近多いですが、ここは索道以外は自社で施工しています。朝登り、昼には一度降りて、また登り作業をしてくれています。
岩盤も玄武岩が中心ですが硬く、日々の作業もこれまでも大変だったかと思います。下に住居がある砂防えん堤ですので、みなさんを土砂災害から守るための工事です。
これまでは下の現場事務所で監督に工期遅れをなんとかしろと言っていましたが、現地を見ると納得しました。現地を見ずに指示をしていた自分が恥ずかしくなりました。
建築のきれいに仕上がった現場だけでなくこういうところも地域貢献ではないですが、私達の本来のやるべき仕事だとあらためて感じながら降りてきました。
今日は、士木班も除雪の打上げ、慰労会のようですが、今年は特に海沿いは大雪で頑張っていただきましたので、ゆっくりしていただければと思います。
今日は建築現場も上棟するようです。営業さんから写真を送っていただきましたが、私はこれから神戸で県本部の青年部会の役員会などがあり出かけます。
私からは健康に気をつけてどの現場も安全最優先でよろしくお願いいします。

1523580206821.jpg 1523580204443.jpg

1523580205556.jpg 1523580208177.jpg

平成30年の仕事始め・・・

 ブログでは新年あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。
 年末年始は雪もなくゆっくりさせていただきましたが、今日は竹野は雪になりました。
正月は地元のお宮さんやこんぴらさんに初詣に行き、仕事始めは5日に例年と同じく全社員が集まり、地元の鷹野神社で新年の安全祈願祭や官公庁を中心に挨拶回りからスタートしました。
9日には建災防兵庫県支部の安全祈願祭で湊川神社に、豊岡分会長として参加させていただくようになり4回目でした。この日は午後から県協会本部の初常任理事会で井戸知事や兵庫労働局長のご挨拶などもありました。
 今日は、県庁の技術系OB会の新年交礼会が神戸であり、その前に残り福をもらいに今宮戎に行ってきます。明日は、県の青年部会役員と県との意見交換会があり、明後日は豊岡支部の賀詞交歓会を谷先生、中貝市長、門間県議にお忙しい中、ご出席いただき開催予定です。
 公共工事を中心に発注工事の状況は厳しいですが、民間を中心に年始から営業や工事部のみなさんはバタバタとしているみたいでありがたく思います。民間で夜間工事をするような現場や除雪などもあるので、安全や体調管理を含めてよろしくお願いします。
最後に、年始には同業者や協力業者を中心に多くのみなさんに本店まで年始の挨拶に来ていただきましたが、お会いできずにすみませんでした。今年もたくさんの方々にお世話になると思いますが、引き続きよろしくお願いいいたします。

1515966761103.jpg 1515966764288.jpg

1515966763029.jpg 1515966767040.jpg

半期・・・

 また約1カ月更新できず、申し訳ありませんでした。
 この間に結婚20年を迎えましたが、長いようであっという間の20年だったような気がします。昨年も当時の貝原知事から結婚式の際にいただいた色紙のことを書きましたが、「惜福」という言葉、明治の文豪幸田露伴の著書の中に「幸福に遇う人を観ると、多くは「惜福」の工夫のある人だ」という一文があり、惜福とは、福を使い尽くしてしまったり、取り尽くしてしまったりしないということです。幸運に恵まれたとき、それに溺れることなく、そして独り占めすることなく、周囲の人に分け与える気持ちをもち、その幸せを大切にするという意味です。また、訪れた福が以下に小さなものであっても、それに感謝するということでもあります。そして、このような惜福の工夫をする人が、結局は幸せな一生を送っている例が多いというのです。自分だけ良ければいいということでは福も来ないのかもしれませんし、福にも工夫がいるのです。21年目に入りましたが、引き続きこういう思いで過ごしたいと思います。
前回の更新以降、主な行事では、山手倶楽部のコンペ、会社の互助会の親睦旅行、オフテクスさんの大福会の総会・コンペ、豊岡工場のコンペ、役員会、豊岡アールエスエルの総会・懇親会、本部の協議員会、全国建設青年会議の全国大会と加古川、高松、東京、神戸、沖縄、神戸、東京とかなり出張も多かったですが、今週はほぼ地元にいます。
本業の現状では、今年度の地域の公共工事も発注件数という点では少ないです。
昨日、今年度の自社の受注状況を見ても11月末で今期、第53期の半期が終わり、前期からの繰り越しと今期受注でほぼ公共事業の土木が全体の3割、公共工事は尼崎だけ地域ではほぼ民間の建築が7割とうちのような土木・建築の会社や土木・設備の会社も厳しいながら土木専業の会社はさらに厳しい状況にあるかと思います。全体が少ない中で今までに公共工事を受注していなかった会社が入札参加して落札する事例も増えてきましたが、全体が少ない中ですから既存の支部会員業者等がさらに厳しいのも当然です。
これまでから災害や除雪も主として各地域の豊岡支部の会員が担っています。災害や除雪のために平時の仕事まで、という意見もありますが、公正な競争の中でも各地域を守る業者はなくなるわけにはいきません。うちのように土木が減り平時の仕事が少なくなれば近い将来その分野の体制は縮小され除雪路線もそれに伴い縮小、災害時の機動力も確実に落ちます。 
先日の全国建設青年会議の全国大会(テーマ「地域建設産業の存在意義と可能性」)でも議論されましたが、地域住民が理解できる範囲での災害や除雪などの地域毎の適正な建設業者の数や人を検討しなければということも言われていました。支部長という立場で地域の安全や安心を担保すべき私が考えなければいけないことだと理解しながらもこれもなかなか難しいですが、これから冬季の除雪も始まる中でしっかり取り組んでいきたいと思います。

1512525430235_.jpg 1512525433013_.jpg

1512525434643_.jpg 1512525436083_.jpg

7月・・・

今日は土曜ということもあり久しぶりに朝から会社にいます。竹野浜の海開きも雨も降らず無事に終わったようです。たくさんの方に来ていただければと思います。
6月に入り兵庫県建設業協会の本部総会があり、3年間務めた青年部会委員長を交代できました。それから銀行さんの企業視察等で相撲部屋を見学させていただき、安全協力会と合同の安全大会があり、竹野地区市民親睦ゴルフ大会、県会議員、但馬三土木と業界の意見交換会、監督署主催の但馬地区工事関係者連絡会議、ボランティア活動など、この1ヶ月何かと忙しくさせていただきました。
ただ、業界みんなの主力である公共工事の発注が少なく、過去になくみんな苦労していると思います。既に梅雨には入っていますが、この一番良い時期に手持ち工事がなく仕事ができないのはもったいないで、公共工事の発注者さんには早めの発注はお願いしています。来週には分会の安全大会やその他の行事もありますので、だんだん暑くなってきますが、体調管理をしながら夏を乗り切りたいと思います。

1498976314571.jpg 1498976315901.jpg

1498976318418.jpg 1498976319353.jpg

1498976322278.jpg

新年度・・・

この週末は長女の大学入学の引越しで香川の高松に行っていました。誰もが経験することですが、心配するのは親だけというような感じでした。まあ自分の時も一人暮らしの楽しみの方が先行していたと思います。自分の目標に向かって健康に気をつけてしっかり頑張ってくれればと思います。
 そして今日は会社としては新年度のスタート、2年振りに新入社員さんがお仲間に加わってくれました。最近は中途採用が多く、求人を出してもなかなか新規の学卒採用は厳しい中で有り難いです。
 この地域の建設業には仕事の量からは厳しい年度スタートとなりましたが、会社的にも建設業界としても社員さんやお仲間と協力しながら頑張って取り組んでいこうと思います。

1491191907483_.jpg 1491191910307_.jpg

1491191908628_.jpg 20170403_075225_.jpg

 

株主総会等・・・

 今日はうちの会社の第51期株主総会があります。創業からは今期で61年目に入っていますが、私が議長をする総会は10回目です。
 大学を出てから9年間、県の職員をしていましたが、こちらに帰り13年が経過し、代表者変更から10年が経過しました。最初の1、2年はよくわからず、3年目になり会社的にもピンチな出来事が起こり、それから2年ぐらいはいろんな意味で必死でしたが、いろんな方に励ましていただき、助けていただきました。最近の5年ぐらいは建設業界全体も大変な中ですが、なんとか受注確保しながら継続できました。お金を払っても経験できないような経験もさせていただきながらたくさんのみなさんにお世話になった10年でした。この地域の建設業界の現状は一般のみなさんが想像されている以上に大変厳しいです。
私がこちらに帰ってきた頃はまだ災害のような特殊要因は別にしても地元の建設業者がそれなりに食べていく仕事量がありましたが、現状では全く状況は違います。
 災害や除雪の際に各地域には必ず建設業者が必要ですが、有事の時だけでは経営も雇用もできません、そういうことをもう少し行政や地域のみなさんにも理解していただきたいと思います。
 たまたま今日、国からの補助金が市経由で事業者に出ている福祉施設の入札が本日ありました。民間がされる入札で広く参加者を求めることはいいと思いますが、少なくとも市内や但馬内、規模により県内や大手もあるでしょうが、何でもかんでも大手やメーカーでは仕事がない中でさらにないような状況となります。行政には民間事業者への指導の域かもわかりませんが、国の予算が県や市を経由している以上、少しでも地元に、というスタンスを常にお願いしたいと思います。
 先の見えないような状況が続きますが、がんばってやっていきましょう。

1469156421311.jpg  1469156423625.jpg

1469156425887.jpg  1469156427687.jpg

創業60周年・・・

 中川工務店も昭和30年1月に創業してから今年で61年目を迎えていますが、無事に60年を終えたということでささやかながら記念品をつくり、社員やOBさんと先日の安全大会で協力業者さんにもお渡ししました。これから同業のお仲間やお世話になったみなさんにもと思っていますが、先ほど町内のOBさんから"ありがとう"のお電話をいただきました。

60年という長い間、たくさんのみなさんにお世話になり今があるのだとあらためて感じています。今期というか今年度は最近にはないような厳しい新年度スタートとなっていますが、私個人的にも来月で社長となり10年になります。これまでにも厳しい時もありましたが、みなさんに協力いただき、なんとかなっているのかなと思います。 今後も当たり前のことをきっちりして頑張っていきますのでよろしくお願いいたします。

 1466669823296.jpg  1466669825133.jpg

受注傾向等・・・

ブログを全く更新していないとの声もいただきましたが、いろいろとバタバタしていたので申し訳なく思います。

今日もこれからICT建機の活用等の経営者向けの見学会で神戸です。生産性の向上を図るための国の施策、i-Constructionの経営者理解を図るために県協会が主催し、整備局、機械施工協会が共催で開催されます。こういうことも関係ないというような雰囲気が業界にもありますが、国は推進するということですので乗り遅れないようにしないといけません。

うちの今期の受注傾向を見ると主力の地元の県の新規受注がこの前やっとひとつでかなり苦労しています。地元で工事量が少ないのもありますが、官民、元請、下請を含めてですが、全体の受注のうち本店のある旧竹野町が12%、香美町が3%、旧豊岡市を含めてその他が85%となっています。特に地元での元請の公共事業が緊急、除雪などのみというようなことになっています。こういう傾向が全ランクの業者にも言えますので、全社ではないですが、全体的にはかなりみなさん苦労しています。いつも言うように地元で仕事をするのが災害やその他の時からもいいのですが、現実には民間が多く、社員には遠方にも行っていただいています。申し訳なく思いますが、それでなんとかというような感じです。年度末になり発注の平準化等も言われていますが、新年度の発注まではしばらく時間もかかります。全体が少ない中で新規に受注できる保証もないですが、これから春先はうちも含めてガマンの時期だと思います。

昨日は店舗改装のリニューアルオープンでしたが、施主の担当者さんにお褒めの言葉をいただきました、うちの監督さん、協力業者さんの対応が良かったと、次につながるような姿勢で仕事をしてくれてうれしく思います。

社長が私みたいな者で社員さんや協力業者さん、お仲間にもいろいろとご面倒をかけますが、横のつながりを大事にしていきたいなと改めて感じます。

年度末も一区切りです、しっかり総括して新年度に向かいます。

1458866749010  1458866753131  1458866754838  1458866759233

中川工務店のサイトへ

月別 アーカイブ

ウェブページ

  • img