世の中のことの最近のブログ記事

台風・・・

 先週は台風18号が暴風圏内で通過しましたが、スピードが速かったこともありこの地域は、他府県に比べれば土砂流出や冠水が中心でした。
 災害などの緊急時の対応は、道路の異常気象時の通行止めなどを含めて私たち建設業者が行っています。仕事とはいえ待機を含めてみなさん何かあった時のために取り組んでいますので、動いて当たり前なのかもしれませんが、地域から業者がいないとどうなるかを考えて欲しいとも思います。なかなか自分で自分たちの必要性は言えませんが、豊岡支部長としてではなくひとりの市民として今回の台風でも改めて必要性を感じました。
 今回は、道路は各地域での緊急契約での対応ですが、河川の大型土のうの応急対策は竹野川と穴見川の2箇所で災害協定での依頼が豊岡支部にありました。すぐに対応します。

 9月に入り先週はオフテクスさんの役員会などで東京に行っていました。週末は次男の竹野小学校の運動会もありましたが、なんとか台風の影響がある前に無事に終わりました。 
 18日には私も46回目の誕生日、両親を含め家族と迎えました。社内外でいろいろとさせていただき会社や業界の仕事が中心の毎日ですが、家族あっての自分だとあらためて感じる機会になりました。
地域では豊岡支部長という重責も3年が経過しました。役割をまだ十分にこなせてないかもわかりませんが、引き続き自社が第一ながら業界のためにも、また、オフテクスさんを含めて社外での活動でも少しでもお役に立つように行動していきたいと思います。

明日は、本部の常任理事会で神戸に、来週は支部の理事会や安全協力会の研修旅行、再来週は建災防の全国大会で北海道からオフテクスさんで神戸と少しバタバタします。
今年度は公共工事を含めて地域の工事が少ないので厳しい上半期終わりになりそうです。

1505986001170.jpg 1505985999752.jpg

1505985997546_.jpg 1505985996385_.jpg

惜福・・・

 前回と前々回同様にまた1カ月以上更新できず、申し訳ありませんでした。
 先日、結婚式で挨拶をさせていただく機会があり、その中で私の結婚式の際に当時は兵庫県職員でしたので、その時の貝原知事からいただいた色紙の惜福(せきふく)の話をさせていただきました。明治の文豪幸田露伴の著書の中に「幸福に遇う人を観ると、多くは「惜福」の工夫のある人だ」という一文があるそうです。
惜福とは、福を使い尽くしてしまったり、取り尽くしてしまったりしないということです。幸運に恵まれたとき、それに溺れることなく、そして独り占めすることなく、周囲の人に分け与える気持ちをもち、その幸せを大切にするという意味です。また、訪れた福が以下に小さなものであっても、それに感謝するということでもあります。
そして、このような惜福の工夫をする人が、結局は幸せな一生を送っている例が多いというのです。自分だけ良ければいいということでは福も来ないのかもしれませんし、福にも工夫がいるのです。

 前回の更新以降、主な行事では、支部の暴力追放研修会、県や近畿の青年部会として、兵庫県や近畿地方整備局との意見交換会、建災防兵庫県支部の労働災害防止大会、但馬まるごと感動市、建設労働者緊急育成支援事業の開講式、本部の理事会、オフテクスさんの工場のゴルフコンペ、山陰近畿自動車道整備推進決起大会、神戸新聞但馬懇話会の例会といろいろとありましたが、今週末は東京で全国建設青年会議第21回全国大会があります。昨年はパネルディスカッションのパネラーで緊張しながら参加しましたが、今年は気楽に参加させてもらいます。

 地域の建設業界的には全体の仕事量が発注件数という面では少ないような気がします。
 多くの業者にとって厳しい年末年始になりそうですが、これから冬季の除雪業務なども始まります。厳しい中でもやるべきことはしっかりしていかないといけません。

1480386445200.jpg 1480386446886.jpg

1480386448457.jpg 1480386449889.jpg

1480386451428.jpg 1480386454162.jpg

7月後半から8月前半・・・

 前回の更新日は株主総会の日でしたが、次の日の23日には神戸の兵庫県建設業協会本部で第10回建設ふれあいまつりがあり、地域のみなさんがたくさん来てくれました。今年はいつもよりも参加者が多かったような気がします。建設業への理解と少しでも興味を持っていただく、知っていただくことが大事です。26日は雨の中で建災防兵庫県支部豊岡分会の安全パトロールでした。建築はうちの作業所が対象、私は土木の方に同行しましたが、引き続き事故のないように取り組まないといけません。27日には全国建設青年会議 全国大会の準備会で名古屋に、29日は地元ラジオ局の録音取材を受けました。30日は山陰新幹線等の決起大会で鳥取から夜は地元の花火大会に、31日は地域のみなさんと小中学生との一斉ラジオ体操と竹野浜の清掃、3日は姫路で銀行関係の行事から4日は協会本部で建築関係の会議、5日の夜から昨日までは長女のインターハイの応援で下関などに行っていました。
 長女たちは惜しくも予選リーグ1勝1敗で決勝トーナメントには残れませんでしたが、2年連続で連れてきてもらい、先生やお仲間に感謝です。下関はもちろん、帰る途中でいろいろと名所に立ち寄りながら帰ることができ、良かったです。特に角島は素晴らしい場所でした。

 いろいろと毎日忙しくさせていただきましたが、地域の公共工事の発注状況はかなり厳しく先週には私たちの市内の同業さんが1社事業を停止されました。何度も同じことを繰り返していますが、一般のみなさんが考えておられる以上に建設業の状況は厳しくなっています。建設業界だけでなく地域全体、各企業が元気になるように引き続き頑張っていきましょう。

1470637142825.jpg 1470637144099.jpg

1470637145289.jpg 1470637146527.jpg

1470637149079.jpg 1470637151880.jpg

1470637154546.jpg 1470637157763.jpg

参議院議員選挙・・・

 前回のブログ更新から先週末まで選挙期間中でしたが、今回は前回までとは私にとっては全く違う選挙でした。私たちの建設産業を代表する方が全国比例で出られていたのと地域の業界での立場も3年前とは違い、少し忙しかったですが、いい経験をさせてもらいました。兵庫県選挙区の候補も全国区の建設産業の職域を代表される候補も上位で無事に当選されましたので、とりあえずは良かったです。
 ただ、私たちの建設業界を取り巻く現状も仕事=公共事業という意味ではかなり厳しいので、国や県、市の財政状況が厳しいのは理解しながらも景気、経済を良くするには少なくとも地方では必要な公共工事を発注していただきたいと思います。選挙中も地方創生と言われる中で建設業のそれぞれの地域での必要性が災害、除雪等の緊急時だけでなく地域経済や雇用ということからも言われていました。それぞれの地域から建設業者が無くなるようなことがないように私たち業界自身もさらに努力しなければいけませんが、政治や行政、地域の理解が必要です。
 今週は昨日まで東京や神戸に行っていました。たまたまの出張で当選された方の後援会事務所に挨拶も行けましたが、これから、いろいろな意味でお世話になりながらしっかり業界全体が元気になり、地域も元気になるように私もさらに精進したいと思います。

1468470606938.jpg 1468470609018.jpg

1468470610634.jpg 1468470604894.jpg

除雪・・・

昨日からの雪で今朝は今年度初の除雪、自社と貸与を入れて8台の除雪車が作業をしたようです。朝4時過ぎから作業をして今回は雪の量も少ないのでほぼ終了しています。現状では竹野町内の県道、国道の除雪はうち1社で行っていますが、10年ぐらい前は5社で路線を分けていました。県で6台、市は三原谷だけですが2台が動いています。これだけ動かそうと思えばそれだけの職員(オペ)が必要ですが、特に土木の発注状況が厳しい中で冬場以外の仕事の確保が厳しく雇用という面ではかなり負担となっています。加えてこの除雪作業をする作業員さんたちが災害時などでは重機等での実際の実働部隊となります。災害や除雪での機動力を維持するためには重機や機械もそうですが、人が最も大事です。1年を通じての仕事の確保ができればいいですが、なかなか思い通りにはいきません。前期の1年間で土木工事=うちの作業員さんが作業をできる仕事がない時期などで会社が負担した額だけでも約1千万円ありますので、例えばこの分を削減しようと思えばそれだけ職員を減らせば可能です。ただそうなると除雪や災害時の体制を維持できなくなります。単純に仕事がないから人を減らせばいいとか、やめたらいいということでもなくなかなか難しいです。うちの例ですが、どこも同じようなことだと思います。

地方は都市部のような民間投資が少なく、特に土木については公共工事に依存しているところがほとんどですので必要な公共工事は一年を通じてしっかり発注していただきたいと思います。

週末にまた寒波がきそうな感じですが、除雪もそうですが、災害対応も含めて各地域に建設業者がゼロになるとどうなるかを一度想像していただければと思います。

数年前に町内の住民の方からいただいた除雪のお礼のハガキ、私のデスクの上に置いていますが、こういうものを励みにみんながんばってくれています。

14532627632201453262761130

賀詞交歓会など・・・

新年の初出から8日は建設業労働災害防止協会兵庫県支部の新年の安全祈願祭が神戸の湊川神社であり昨年に続き出席してきました。特に豊岡管内については昨年は分会員の労災事故が一昨年に比べかなり減少しましたが、これもみなさんの努力の成果だと思います。この日は午後から県本部の常任理事会で知事や協会長の新年の挨拶があり、県庁にも挨拶をしてきました。9日には豊岡支部の賀詞交歓会があり、谷衆議院議員、中貝豊岡市長、日村兵庫県議会議員さんにも出席いただき、それぞれの企業で、地域の業界として新しい年もがんばっていきましょうと年頭の挨拶をさせていただきました。特に今年度は公共工事の発注状況が厳しいので補正予算と28年度予算等で必要な安全・安心のための防災・減災対策や地域の社会基盤整備などの工事を発注いただき地域の建設業界が少しでも先が見えるようにと思います。

昨日は支部の理事会がありましたが、補正予算が国から県や市におりてくる前に地域の業界として現状を理解していただき、県や市に要望をするなどの協議をしていました。

今週から来週にかけて雪の予報にもなっていますが、今シーズンはまだ除雪がゼロ、大雪は困りますが、賀詞交歓会で県のスキー連盟の会長をされている日村県議も季節なりの雪も必要かなと、私もそう思います。スキー場や私たち業者も特に小さいところは冬場は除雪が主力のところもありますので、除雪がない理由での資金ショートは建設業界ではないとは思いますが、スキー場などではそういうことも危惧されています。

知事が本部での年頭の挨拶で海外の情勢を例に今年も不安なスタートとなったが、足もとをみながらやるべきことをしっかり行うことで未来はあるとの話をされました。そういうことなのだと思います。

今日はめずらしく会長と年に一度だけ年始の挨拶に伺うところに一緒に行ってきます。

 

1452833538745  1452833540515

1452833542207  1452833543839

仕事始め・・・

初出は5日に例年と同じく全社員が集まり、地元の鷹野神社で仕事始めの安全祈願からスタートしました。昨日までの2日半は、豊岡市内と但馬の官公庁や民間の挨拶回りをしていました。京阪神は、明日以降、会議の合間に回ってきます。

昨年も公私ともに忙しくさせていただきましたが、6月から業界の豊岡支部長、7月から県青年部の委員長と大役を受けました。まだまだ役には立ちませんが、少しでも地域の建設業界が良くなるように、先輩のお考えも聞きながら引き続き活動したいと思います。会社と建設業界だけでなく、オフテクスさんでは4年間社外取締役をさせていただいていましたが、昨年末の総会から監査役ということでこちらも重要なお役目を受けましたので、こちらの方でもしっかりお役に立てるような活動をしたいと思います。

地域の建設業界を取り巻く状況は、発注件数がかなり例年に比べて厳しく、来年度も厳しいような話ですが、各地域の建設業は災害や除雪、社会基盤整備になくてはならない業種ですので、地域社会における建設業の必要性はPRしながら訴えていきたいと思います。

正月は家族で出雲大社に行きました。縁結びで有名ですが、私個人的にも会社も様々なご縁の中で仕事をさせていただいていますので、より良い縁が今年もできますようにとの願いを込めておまいりしてきました。しんじ湖温泉に泊まり、白兎神社にも寄りました。

今日は午後から年始の支部理事会がありますが、明日は、新年の安全祈願から県本部での会議、新年交礼会と神戸で朝から夜まで行事があります。明日は、オフテクスの1月度役員会が東京であり、近畿建設青年会議での近畿地方整備局企画部長への年始の挨拶も大阪でありましたが、親会の業界行事を優先させていただきました。

今年もいろいろな方にお世話になると思いますが、よろしくお願いいたします。

IMG_4589  IMG_4596

IMG_4618

仕事納め・・・

平成26年は本日で仕事納めです。今年もいろいろなこともさせていただいて有意義な年だったと思います。

6月より建設業協会の豊岡支部長、7月より県の青年部会長をさせていただき、新しい立場で活動させていただいた年でした。自分の会社のための活動時間が大幅に減りましたが、業界が良くなれば自分の会社も良くなる、と考えるようになりました。

しかし、支部長という立場がこんなに重たいものだとは思いませんでした、会社を維持しながらの業界活動、29年間もされていた前支部長(県の協会長)の大変さがよくわかりましたが、自分や自社のためだけでなく、建設業界や地域がどうすれば良くなるのかを考えながら、支部長として、そして青年部の部会長として、中川工務店の代表者として、それぞれの立場で来年も活動していきたいと思います。

加えて12月のオフテクスさんの総会で4年間の社外取締役を退任し、監査役をさせていただくことになりました。こちらでの立場も限られた時間の中でしっかりと務めたいと思います。

地域のみなさん、同業者、顧客や協力業者、社員をはじめ、たくさんの方にお世話になり、今年も仕事納めの日を迎えることができました。本当にありがとうございました。

来年は今以上に目標や目的意識をもって活動していこうと思いますので、ご指導等を引き続きよろしくお願いいたします。

みなさんよいお年をお迎えください。

師走・・・

1ヶ月ほど更新せずに申し訳ありませんでした。最近、サボってると数人の方から言われました。この1ヶ月間もバタバタとさせていただき、楽しく仕事させていただきました。主な行事は、

11/20豊岡南地区防犯・交通・暴追大会、11/28豊岡建設技術者養成センター閉講式、11/29選挙前の支援候補の事務所開き、12/1全国建設青年会議 第19回全国大会、12/3Iさんグループの忘年会などがありました。

防犯・交通・暴追大会は建設業界として参加しました。特に暴追については協議会にも入れていただいていますが、業界として注意しなければいけません。

養成センターは1期生の5名が5カ月の研修を修了しましたが、建設業界も若年層や女性の入職問題が大きくクローズアップされてきています。なかなか難しいことですが、こういう問題についてもしっかり取り組まなければいけません。

11/29に谷候補の事務所開き、12/2には豊岡での出陣式にも出席しました。私たちの業界では自民党及び自民党候補を支援していますが、地方の景気を良くするだけでなく国土をより強くするための公共事業は必要だと考えています。無駄な公共事業など一つもありません。災害に備える防災・減災、人口減社会でも経済活動が効率的にできるような道路網の整備も必要です。そういう意味では自民党に勝っていただかないと困ります。12/1は全国建設青年会議第19回全国大会で東京に行っていました。「国土に、未来に、責任!」ということで建設青年人としていろいろ考えさせられた1日でした。全国から約500名、近畿からも50名以上出席していました。近畿の2次会では京都のAさんが誕生日ということでステージに上がっておられました。

12/3は毎年参加していますIさんグループの忘年会でした。県庁からこちらに戻り、あまりお連れもいない時にとてもお世話になりました。最近ではちょっとごぶさたしていますが、この会は楽しく参加させていただいています。

先週、母方の祖母が98歳で亡くなりました。12/3の夕方にちょっとのぞきに行きましたが、それから1時間も経たずに亡くなったらしいです。私が家の方以外で最後に会ったということでしたが、これからも祖母に恥ずかしくないような生き方をしていきたいと思います。

年末までバタバタとしていますが、体調には気をつけながら前向きに頑張りたいと思います。

 

IMG_3950 IMG_3882IMG_3985 IMG_3971 IMG_4014 IMG_4052

誤字と行事・・・

まず、先日、ホームページを見ていただいた方から誤字の訂正がありました。下記の徳川家康公庭訓の中の字を間違えていました。私のワープロミスですが、読み返しをしていないと深く反省しています。訂正いただいた方にはどうもありがとうございました。

再度、載せておきます。

徳川家康公庭訓

人の一生は重荷を負うて遠き路を行くが如し 急ぐべからず

不自由を常と思えば不足なし 心に望起らば困窮したる時を思出すべし

堪忍は無事長久の基 怒は敵と思へ

勝つことばかりを知りて負くることを知らざれば害その身にいたる

己を責めて人を責むるな 及ばざるは過ぎたるより勝れり

この20日ぐらいの間に、業界青年部の兵庫県や近畿地方整備局との意見交換会、安全協力会ボランティア、建災防兵庫県大会、取引先懇親行事、感動市へのブース参加、県会議員さんとの意見交換会、セミナー、県庁のOB会など、たくさんの行事もありましたが、無事に終わりました。

今年もあと1ヶ月半、年末に向けて忘年会や会議もたくさんありますが、体調管理にも注意して過ごしたいと思います。7月から支部長と青年部会の県委員長をさせていただき、忙しくさせていただいていますが、何かしら充実した日々を過ごさせていただいています。社内的には急にバタバタして迷惑をかけているようにありますが、業界のため=自社のため、という思いで活動させていただいていますし、そう理解して協力してくれています。

建設業も品確法の改正や若年層の入職問題、女性の活用など、重要なこともたくさんありますが、まずは仕事が受注できる、将来を見据えた経営ができることが第一です。

社内でも全員が自分の役割を理解し、やるべきことをきっちりこなしていくことが大事です。「小さいことからコツコツと」と言われていた方もおられましたが、まさに私も含めてですが、「自分のやるべき成果のでる活動をコツコツと」していかなければいけません。

IMG_3610  IMG_3543IMG_3780  IMG_3795IMG_3651

中川工務店のサイトへ

月別 アーカイブ

ウェブページ

  • img